セックスが痛い性交痛の7つの原因と対策とは

セックス痛い

セックスをしていて痛みを感じる事は女性であれば誰しもが経験したことがあるはずです。

本来なら気持ち良く幸せな体験が出来るはずなのに痛みがあると快感に没頭できませんよね。

セックス時の痛みの事を性交痛と言うのですが、原因と解決策は多岐にわたります。

簡単に解決出来る痛みから病院に行かなければいけない厄介なものまであります。

ここでは性交痛の原因を整理して、それぞれの解決策を紹介します。

前戯が短い

キスしておっぱいを軽く触って濡れているのを確認したらすぐ挿入。

こんなセックスをしていると膣内の性感が十分に高まってないので、痛みを感じることがあります。

そうなると前戯はどのくらいの時間を費やしたらいいかという問題になってきますが、

男性によって10分で長いと感じる人もいれば30分で短いと感じる人もいます。

適度な前戯時間は女性が挿れて欲しくなるまでです。

前戯が短い男性の心理は大体二通りになります。

1.何度もセックスしてマンネリ化で面倒くさくなっている

2.早く挿入したくて仕方ない

1は初めの頃丁寧に前戯していたのに段々雑に短くなっていくパターンです。

2は相手の気持ちよさより自分の快楽を最優先タイプですね。

取れる対策としては男性に前戯の楽しさを教える事です。演技でも良いのでもっと気持ちよさを表現しましょう。

前戯が短いと濡れていても痛いことを男性は知らないのでしっかり教えてあげたいですね。

痛いのに喘ぎ声出していたら男性は気持ち良いと勘違いしてしまいます。

しっかり「痛いたたたたた!」と口にだして本当に苦痛であることを知ってもらいましょう。

そして極端な例ですがスマホで前戯してもらいたい時間のタイマーをかけてこれが終わるまでやってほしいと頼んでみるのもいいかもしれませんね。

これだとムードもクソもないですねw

「そんなこと恥ずかしくて言えるわけないじゃない!」と思うかもしれませんが、言わなきゃ我慢するしかありません。言うか我慢の二択ですよ。

言い合える関係性を作るのがセックスの痛み対策で一番重要です。

男性のピストン運動が激し過ぎる

AVを見てると力いっぱいマッチョなAV男優が高速ピストンをしてAV女優が絶叫痙攣なんてしていたります。

こういうAVを見てセックスを覚えた男は「ガンガン突きまくれば女はイクんだ!」などと考えていたりします。

そうすると厄介な事に彼女やセフレにも同じようなことをしてしまいます。

中にはハードピストンでも痛がらずにイキまくれる女性もいます。

過去にハードピストンで満足していたパートナーがいた男性は、

女性がみんなハードピストンで気持ちよくなれると勘違いしているかもしれません。

そういう男性は性的知識が浅いのだから、「世の中には激しくすると痛い女性の方が多いんだよ」と教えてあげましょう。

「痛い!痛い!痛い!痛い!痛いんじゃボケ!コラ!」と言ってあげましょう。

まあここまで言われると打たれ脆い男性は萎えてしまうかもしれないから、

もっと可愛く言ってあげた方がいいかもしれませんね。

余裕があればお相手の性格も配慮してあげることです。

とにかく痛いこととその原因(ピストンが激しすぎる)を伝えることが重要です。

激しくしてないのにピストン自体が痛くて辛い

僕もセックスがいつも痛いという悩みを持った女性とエッチした経験はありますが、

普通のピストンではなくポルチオセックスをすると痛くないという女性でした。

ポルチオ性感帯について

ピストンをすると、どうしても膣内が擦れてしまいます。

一方ポルチオセックスでは極力ピストンはせずに奥へ挿れたままがグラインドするので摩擦は少なくなります。

それから快感も上がります。おそらく膣内の感度アップと摩擦の減少、この2つで痛みが無くなったんだと思われます。

性器のサイズが合わない

世の中には規格外のペニスの持ち主が存在します。

国内にも勃起すると500ml缶ビールに近いくらいの大きさの立派なおちんちんの持ち主がいます。

そして女性にも膣の入口が小さい人がいます。

太くて大きいペニスと狭くて浅いヴァギナの持ち主がカップルになってしまうと

どんなに前戯を入念にやってローションを使おうとも女性が痛いセックスになってしまいます。

あまりにもサイズが違うとどうしようもないこともあるのですが、

基本的に女性の膣は赤ちゃんが通れるくらいなので、拡張することが出来ます。

膣の入口は筋肉なのでストレッチで広げられるわけです。

どうすればいいのかというと細いディルドから太いディルドまで数種類買ってきて

徐々に太いものを使って慣らしていく事で、

例えば直径3cmのものから直径3.5cm、4cm、4.5cmと段々太いものを挿れていきます。

膣の柔軟性は一朝一夕には変わりませんので現在のパートナーと気持ち良いセックスがしたいのであれば根気強くやり続けるしかありません。

ディルドはアマゾンや大人のおもちゃで検索すると通販で購入出来ます。

膣トレしても効果が出ない人必見!膣ストレッチ法!

2018.06.26

大陰唇や陰毛が巻き込み

大陰唇や陰毛が長い場合、ペニスを挿入する時に巻き込んでしまうことがあります。

陰毛やビラビラの巻き込みって意外と男性は気が付かなかったりします。

巻き込まないようにしっかり広げてもらって挿れてもらいましよう。

またIラインの陰毛が長いときに事前に短くカットしておくか脱毛に通うのもいいですよ。

濡れが足りない

これは簡単でローションを使いましょう。

ローションがしみるときには、オリーブオイルやココナツオイルでも代用可能です。

食用にも使えるオイルなので膣内に入れても全く問題ありません。

またローションの種類によっても体質に合う合わないがあるので

色々試して自分に合ったもの探しましょう。

性病が原因

クラミジアカンジダトリコモナスにかかると性器が炎症を起こします。

セックス方法に全く問題が無い場合、

しっかり濡れてるし興奮もしている。今まで痛くなかったのに急に痛くなった。

体調も全く問題ない。

こんな時には性病が原因かもしれません。

疑わしい場合は早急に病院に行って検査してもらって下さい。

病院へ行く暇がない忙しい人には自宅で検査出来る性病検査キットもあります。

婦人系の病気が原因

上記のどれにも当てはまらず、原因が全くわからないのであれば婦人科系の病気の場合があります。

この場合、膣奥が痛くなるケースが多いです。

子宮内膜症、間質性膀胱炎、処女膜強靭症、小陰唇肥大など色々あります。

僕には婦人科医の知り合いがいるのですが、

膣の穴が2つある『膣中隔』という体質の人もいるらしいです。

ふたつの穴のそれぞれ大きさが違い小さい方の穴に挿れようとすると

痛くなるそうです。珍しい例ですね。

いろいろなケースがあるのでしっかり診察してもらってください。

病院、医者によって得手不得手があって間違った診察をする医者もいるので、

それでも解決出来ないのであればセカンドオピニオンとして他の婦人科でも診てもらうことです。

性交痛で婦人科に通院するのが恥ずかしい

通院するのが恥ずかしくて悩んだまま放ったらかしにしている女性がいます。

僕もSNSをやっていた時に相談されたことがあるのですが、

医者に診てもらう事をおすすめしたら「恥ずかしくて行けません!」と言われました。

恥ずかしいのは分かるけれど、一生セックスが痛い事と天秤にかけてどうするべきなのかよく考えないと…

婦人科医の方は、そういう患者を頻繁に診察しているので何とも思ってないはずです。

婦人科を恥ずかしがるのは20歳前後の若い子が多いようですけど、

この先いくらでも恥ずかしいことがあるので一瞬の恥ずかしさは頑張って乗り越えたいですね。

まとめ

・前戯は長くしてもらう

・ピストンはゆっくりでポルチオセックスも取り入れる

・膣が小さければディルドで拡張

・大陰唇、陰毛の巻き込み確認

・どうしても濡れにくいならローションかオイルを使う

・性病を検査

・婦人科系の病気を検査